皆さんこんにちは。

お子様にも人気の小動物と言えば愛らしい姿を見せてくれる気軽に飼育出来るモルモットが人気ですよね。

オランダ商人が名付けたとされるモルモットですが、懐きやすく飼育も簡単なのでファミリーで飼育するにおすすめと言えますね。

私も子供が動物が好きと言う事で、モルモットを飼育していますが毎日観察して癒されていますよ。

今回は人気の小動物モルモットの飼い方寿命や鳴き声意味、値段寿命やなつく方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

モルモットの飼い方と寿命について


美しい毛並みや可愛らしい姿から購入してペットにする人が多いモルモットですが、平均寿命は4年から8年と言われています。

モルモットは人気のペットの一つと言えますが、まだまだマイナーなペットとして9割以上の飼い主がまだ正しい飼い方を知らない事が現状なのです。

モルモットの正しい飼い方は、人間でも同じですが衣食住が大事なポイントで、モルモットが使用する布製品適した餌飼育環境のゲージ衣食住になり、寿命を長くする事に繋がりますよ。

モルモットの最適な温度は18度から24度で適正に保ち、食事では必須のビタミンC摂取に心掛けて、運動も出来るようなゲージで過ごさせることが肝要ですよ。

私もモルモットを飼育していますが、長生きさせるために飼い方には工夫をしています。

モルモットの鳴き声の意味について


モルモットは意外と知られていないですが、感情豊かな動物で鳴き声でコミュニケーションをとる事が出来ますよ。

鳴き声の意味を理解しておくと、モルモットとより仲良くなることが出来ますね。

モルモットは基本的にキュッキュッという鳴き声では嬉しい時や甘えている時サイレンのような声はご飯が欲しい時威嚇している時にはグルグルと喉を鳴らします。

感情ゆたかな動物ですが、個体によっても異なるので、飼育している上で理解していく事が大事になりますね。

私のモルモットもグルグルと喉を鳴らしている時がありますが、威嚇ではなく気持ちよさそうにリラックスしているときに良く聞きますよ。

スポンサーリンク

モルモットのなつく方法ついて


ペットを飼育しているとモルモットに限らず、懐いてほしいと思うものですよね。

理解しておく必要があるのは、モルモットはなつくまで時間がかかると言う事で、犬や猫のように人間に慣れている動物ではないので、飼い主でも時間は必要になってしまいます。

モルモットを飼育する上で、モルモットに懐いてもらうためにはポイントとして悪い事をしても怒ってはいけません。

何で怒られているのか理解できないので、大きなストレスになり逆に怖がってしまいますよ。

モルモットは規則性や繰り返しのパータンは覚える習性があるので、袋のガサガサ音が聞こえたらご飯をくれるなどのパターンで習性を利用する事で、懐きやすくなりますよ。

私のモルモットも懐いてくれるまで、時間がかかりましたが根気よく懐いてもらえるように家族で頑張りましたよ。

モルモット・飼い方寿命・鳴き声意味・なつく方法・まとめ

  1. モルモットの寿命は4年から8年

  2. 長生きさせるには日常的な衣食住に工夫が必要

  3. 鳴き声の意味を理解する事でより仲良くなれる

  4. 懐かせるには時間がかかり、怒ってはいけない

 

モルモットは、見た目の可愛らしさからペット飼育に人気がありますが、長生きさせる生活習慣や鳴き声の意味、懐かせる事を考えると大変な一面もあります。

可愛いからという軽い気持ちで飼育するのではなく、責任を持ってモルモットを飼育してくださいね。

私も家族でモルモットを飼育していますが、今では大事な家族の一員になり懐いてくれていますよ。


スポンサーリンク