みなさん、こんにちは。

迫力ある恐竜を見ることが出来るお子様も大喜びのスポットとして国立科学博物館はおすすめですよ。

同時に多くの展示物から探求心や学ぶこともできるので、一石二鳥ですよね。

お子様の学びの場ってあまりないと思いますので、今回は国立科学博物館の迫力ある恐竜や入館料、駐車場についてご紹介させていただきます。

私も家族で国立科学博物館に訪れたい際には、息子も大喜びしてくれましたよ。

スポンサーリンク

【国立科学博物館の迫力の恐竜について】


国立科学博物館で展示物として、人気の高いティラノサウルスステゴサウルスなど馴染の深い恐竜が気軽に見ることが出来ます。

迫力ある骨格化石は、今にも動き出しそうな印象で、地球にこんな生物がいたのかと考えさせてくれる楽しみもありますよ。

恐竜の展示室では最初に目に入ってくるのは人の骨で、恐竜の骨と人の骨には共通点が多いらしく、見ていると学び惹かれるものを感じますよ

私も家族で恐竜を見ましたが、大きさと凄みに圧倒されてしまいましたよ。

【国立科学博物館の入館料】


国立科学博物館では迫力の展示物が多くの人を魅了していますが、気になるのは入館料だと思います。

国立科学博物館ではリーズナブルな価格で利用できるのでファミリーでも安心ですね。

入館料は、常設展示で一般と大学生は600円高校生以下は無料で利用することが出来ます。

大人の料金でも展示のボリュームを考えると安いですが、高校生以下の利用は無料なのでファミリーにはおすすめですね。

私も家族で国立科学博物館を訪れましたが、息子の料金はかからないのでお得感も感じていますよ。

スポンサーリンク

【国立科学博物館のアクセスについて】


国立科学博物館は、上野公園内にあり散歩もすることが出来ますが、アクセスはJR上野駅から徒歩5分で到着します。

東京メトロ銀座線・日比谷線の場合は上野駅の7番出口から徒歩10分と近いので歩いて行くと良いですね。

国立科学博物館では基本的に駐車場や駐輪場がないので車で利用する場合はコインパーキングに止める必要がありますよ。

電車を利用しても歩いて行ける距離なので、国立科学博物館は電車を利用して訪れることがおすすめですよ。

私も家族で国立科学博物館を利用する時には必ず電車を利用していますよ。

【国立科学博物館2018!恐竜・入館料・駐車場・まとめ】

  1. 迫力ある恐竜を観察することが出来る

  2. お子様も大満足のスケール

  3. 国立科学博物館の入館料はリーズナブル

  4. 電車での利用が便利

国立科学博物館は、学びを含めた体験が出来るので多くのファミリーに人気のスポットと言えますね。

中でも人気の恐竜の展示物は、迫力があり昔にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わうことが出来ますよ。

国立科学博物館へのアクセスは駅からも近いので電車で訪れることをお勧めです。

駐車場や駐輪場はないので注意してくださいね。

小さいお子様でも楽しめる国立科学博物館を家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク