皆さんは1年の中でどの季節が一番好きですか。

日本は春夏秋冬すべての季節を楽しむことができる国のひとつですが、個人的に夏が大好きですが、理由は冬の寒さが苦手だから(笑)

冬の寒さを感じることなく、子どもと楽しめる旅行先がないものかと思案していたところ、温泉も温水プールも楽しめて、美味しいバイキングも楽しめる施設、「勝浦ホテル三日月」を発見しました。

いろいろ調べてみると、かなり魅力的だったのでご紹介します。

スポンサーリンク

■三日月グループ・ホテル三日月

北海道在住の私は知らなかったのですが、関東ではよくテレビCMでも流れているようで、千葉県の房総半島に三軒の大型ホテルと一件の旅館を持つ、大きなグループなのですね。

今回紹介する勝浦ホテル三日月は、その中でも最大規模だそう。

勝浦ホテル以外のホテルでも、屋内外に水着で遊ぶことのできる大型ウォーターアミューズメント施設があります。

これが三日月グループの最大の魅力と言えるようで、一応温泉もついているようですが、大型プールの右を出るほどではないようです。

■魅力①温泉ドーム・アクアパレス

アクアパレスとは、屋外のスカイスパゾーン、屋内にあるアクションスパゾーン、裸浴のお風呂の3つのエリアからなるスパ施設です。

冬は寒すぎて屋外の利用は難しいですが(笑)

屋内のアクションスパゾーンでは、19種類ものスパを楽しむことができます。

子どもが好きそうなネックシャワーや大滝の他、大人に嬉しいサウナまであります。

プールの要素と温泉の要素が絶妙に合わさっていて、なかなか他にはないスタイルなのではないでしょうか。

またスパの他にも、岩盤浴やゲルマニウム温浴を楽しむこともできます。

どちらも冷え切った身体を内側からじっくり温めてくれるので、寒い時期の利用はかなり嬉しいです。

スポンサーリンク

■魅力②人気のバイキング

広いバイキングホールでつくりたての料理を楽しむことができます。

口コミサイトでも、このバイキングを楽しみにして訪れる人が多いようです。

使われている新鮮な魚介類やお肉、野菜は、総料理長が自ら厳選したもので、前菜、メインディッシュ、デザートとフルコースを堪能できます。

またオープンキッチンが設置されているので、目の前で料理がつくられるのを見ることができるので安心ですし、子どもにとってみれば普段見られるものではないので、貴重な経験にもなるのではないでしょうか。

バイキングはディナーの他にもランチ営業もしていて、昼夜問わずハイクオリティーです。

ちなみに、バイキングの他にも、浜辺の和食処「磯の家」という食事スペースもあります。

こちらでは個室の用意もあるので、ゆったりと食事を楽しみたい家族にはオススメです。

■宿泊料金情報

数多くの旅行情報サイトでは、様々な宿泊料金プランが提示されています。

中でも、アクアパレスの利用料金やバイキングの利用料金も含めた宿泊料金となると、一人あたりの相場は12,000円から39,000円で、時期や部屋のクオリティーによって前後します。

また遠方から訪れたいという方には、航空券付きのプランなどもあり、総合的に見てお得になるプランがあるので、参考にしてみてください。

近郊の方は、宿泊のみならず、日帰りでの利用もできます。

子どもも大人も存分に楽しむことができる旅行先として目が離せませんね。

 

スポンサーリンク